「音と妖怪」

渡辺 亮 (わたなべ りょう)

Ryo Watanabe

1958年、神戸市生まれ。

音楽に色彩と空間を与えるパーカショニストとして、EPO、ショーロ・クラブなど、数多くのアーティストと共演、レコーディングに参加。
青山「こどもの城」の講師を経て、「鼓童」アースセレブレーション、いわき芸術交流館アリオスなど、全国でパーカッションのワークショップを行っている。
ソロ・アルバムに「ウォレス・ライン」「モルフォ」、著書に「レッツ・プレイ・サンバ」(音楽之友社)がある。

自己の活動として「妖精・妖怪譚」「美術と音楽」を主催。
武蔵野美術大学卒業、東京学芸大学非常勤講師。

http://www.ryo-watanabe.com/